iPhone

iPhoneのicloudバックアップ手順まとめ!確認方法や平均目安時間は?

更新日:

iPhoneiCloudバックアップをする手順をまとめてみました!

バックアップをとっておくと、大切なデータを守ることができて、機種変更する時にもとても便利です。

しかし、icloudバックアップはそんなに頻繁にする操作ではないので、ちゃんとデータが移せるか不安ですよね・・。

もし、バックアップ・バックアップ復元に失敗してしまうと、これまでの大切なデータが全て消えてしまうので大変なことになってしまいます・・。

クロネコ
写真が消えたら嫌だニャー!
はじめ
ニャー大丈夫だよ(笑)わかりやすく解説していくよ。

今回は、「iPhoneのicloudバックアップ手順」「確認方法」「平均目安時間」について、まとめてご紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

 

iPhoneのicloudバックアップ手順まとめ!

iPhoneでicloudバックアップをするには、まず初めに必ずWi-Fiに接続します。

Wi-Fi接続さえ接続できれば、あとは簡単な操作でicloudバックアップをとることができます。

はじめ
早速、画像で手順を解説していきます!

  1. まずは、ホーム画面から設定をタップします。
  2. Apple IDでサインインしていると、名前が表示されているのでタップします。
  3. icloudをタップします。
  4. iCloudバックアップをタップします。
  5. icloudバックアップがオンになっていることを確認したら、今すぐバックアップをタップします。
  6. すぐ下に、バックアップを作成中の表示が出て、残り時間が表示されます。
  7. バックアップが終わると、その場所に日付や時間が表示されます。

icloudバックアップをとるまでの操作方法はとても簡単です。

今すぐバックアップを作成」をタップすれば、あとは完了を待つだけです。

しかも一度、icloudバックアップをオンにして設定すれば、あとは自動でicloudバックアップができます。

はじめ
もしバックアップできない場合は、↑こちらの記事を参考にしてみてください!
Sponsored Link

 

iPhoneのicloudバックアップ確認方法は?

iPhoneでicloudバックアップがしっかりと取れたか確認する方法は2パターンあります。

まずは、先ほどの手順の最後「7.バックアップが終わると、その場所に日付や時間が表示されます。」で、icloudバックアップがとれた日時や時間を確認することができます

ここに、「最後に作成されたバックアップ:○○」と表示されていれば、icloudバックアップは完了しています。

次に、Apple careの電話サポートで確認する方法です。

Apple careでは、Apple IDを伝えて、本人確認ができればicloudバックアップがとれているか教えてくれます。

iPhoneの電源が入らない場合や、ディスプレイが割れて画面が見れない時などは、Apple careに問い合わせてみるといいです。

Apple IDとパスワードを両方忘れたら?確認方法や調べる手順まとめ

iPhoneのicloudバックアップの平均目安時間は?

iPhoneのicloudバックアップの平均目安時間は、大体5分~数十分程度です。

Wi-Fiの通信速度やiPhoneのデータ量しだいですが、計算中の残り時間が増えたりして時間がかかる場合もある。と覚悟しておいた方がいいです。

icloudバックアップは、自宅などの安定したWi-Fi環境で、なるべく時間のある時にするのがおすすめです。

クロネコ
1時間以上も終わらないニャー
はじめ
それだけ時間がかかると、何かトラブルが起こっているかも!!

iPhoneのicloudバックアップまとめ

iPhoneのiCloudバックアップは、とても便利な機能です。

Wi-Fi環境さえあれば、パソコンいらずで、いつでもどこでもバックアップをとることができます。

また、一度icloudバックアップをオンにしておけば、自動でバックアップをとってくれるので、いざという時に本当に助かります。

クロネコ
これは使わないと損だニャー!
はじめ
そうそう。何かトラブルが起きる前に設定しておくといいね♪
Sponsored Link

 

-iPhone

Copyright© アイモバ!2018年もiPhoneは格安SIMが安い!おすすめキャリアを料金比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.