iPhone

iPhoneのバッテリーの減りが早いのは故障が原因?冬の寒さ対策まとめ!ios11

更新日:

iPhoneのバッテリーの減りが早いのは故障なんでしょうか?

バッテリーの減りが早くなる原因は色々とあるようですが、詳しく調べてみると、冬の寒さもバッテリーの減りが早くなる原因の一つのようです。

それ以外にも「アプリ」や「safari」が原因になっていることもあるようです・・。

クロネコ
iPhoneって寒がりなんだニャー
はじめ
ニャーと一緒だね。笑

今回は、iPhoneの冬の寒さ対策と、冬の時期に気を付けるべき対策についてまとめていきます。

この記事を読めば、冬の寒い時期の激しいバッテリーの消耗を少しでも和らげることができるかもしれません。

Sponsored Link

iPhoneのバッテリーの減りが早いのは故障が原因?

まず、iPhoneのバッテリーの減りが早い!と感じたら、Appleの電話サポートである「Apple care(0120-27753-5)」に問い合わせてみてください。

Apple careでは、ios診断といってiPhoneのバッテリーの状態をオペレーターが遠隔で調べることができます。

クロネコ
自分ではできないニャー?
はじめ
自分ではできないからApple careかApple公式の修理店舗で調べてもらうんだよ!

Appleの公式修理店舗でもバッテリーの状態を調べることができます。

まずは、バッテリーの状態をチェックして故障かどうか確認するのがおすすめです。いくら設定を見直しても、そもそもバッテリーが故障していたら意味がありません。

【追記】
iPhoneの設定から、バッテリーの状態を自分で確認できるようになりました。

iPhoneのバッテリーの状態(ベータ)確認方法!最大容量やピークパフォーマンス性能とは?

iPhoneのバッテリーの減りが早い原因は?冬の寒さ対策まとめ!ios11

iPhoneのバッテリーはリチウムイオン電池を使っています。

リチウムイオン電池は「軽くて」「長持ちで」「充電が早い」と3拍子揃った優秀な電池ですが、一方で寒さに弱いという弱点も持っています。

冬の寒さが原因で、電池内に溜まった電気を十分に使うことができなくなってしまいます。

クロネコ
東日本の人は大変だニャー
はじめ
寒い地域に住んでいる人は対策が必要なんだ!

Appleの公式発表によると、iPhoneは0℃から35℃の環境で使うことをすすめています。

さらに、0℃以下の環境で使うと「バッテリーの減りが早くなる」「電源が突然落ちてしまう」などの不具合が発生すると発表しています。

iPhoneをポケットに入れて持ち歩く

iPhoneをズボンのポケットの中で持ち歩くと、ふとももの温度で人肌に温めて持ち歩くことができます。

もし、バックの中に入れて持ち運ぶ場合は、マフラーのような保温できるものに包んで持ち運ぶと寒さを防ぐことができます。

iPhoneをケースに入れて使う

iPhoneをケースに入れて持ち運ぶと、iPhone本体が寒い空気に直接触れることがなくなります

分厚いケースに入れれば、落とした時などのダメージも防ぐことができるので、一石二鳥です。

寒い外では使用しない

iPhoneは暖かい室内で使うようにすると、寒さに弱いリチウムイオン電池を守ることができます。

「寒い冬の日」や「雪が降るような寒い場所」では、なるべく冷たい外気に触れさせないといいです。

Sponsored Link

iPhoneのバッテリーの減りが早い原因は?アプリの対策まとめ!ios11

iPhoneのバッテリーの減りが早いのは「冬の寒さが原因」で、その対策をまとめてきましたが、それでも寒い環境の中で仕方なくiPhoneを使う時もあると思います。

そんな時に、一番iPhoneのリチウムイオン電池の負担になるのが「アプリ」です。もっともバッテリーを消費する原因である「アプリ」で出来る対策をまとめていきます。

マルチタスクでこまめに終了する

アプリを使い終わったらこまめにマルチタスクで終了すれば、iPhoneのバックグラウンドでアプリが起動しないので、バッテリーの消耗を抑えることができます。

マルチタスクは、モバイルデータ通信のデータ通信量の消耗を防ぐ効果もあるので、iPhoneを使う人は必ずおこないます。

アプリの自動アップデートをオフにする

設定>一般>Appのバックグラウンド更新 Appのバックグラウンド更新をオフにします。

Wi-Fiやモバイルデータ通信で、アプリの自動アップデートをオフにすれば、バッテリーの消耗を防ぐことができます。

通知をオフにする

設定>通知 アプリごとに通知をオフにします。

アプリの通知をオフにすると、通知を受け取った時にiPhone反応しなくなるので、バッテリーの消耗を防ぐことができます。

iPhoneのバッテリーの減りが早い原因は?safariの対策!ios11

最後に、iPhoneのバッテリーの減りが早くなる原因として「safari」が考えられます。

インターネットを見ていると、次々に色々なページを開いて、気が付けば沢山のサイトを見ていた経験はありませんか?

沢山開いたページは、見終わったら必ず終了しましょう。インターネットのページもこまめに閉じるとバッテリーの消耗を防ぐことができます。

iPhoneのバッテリーの減りが早い時は交換修理?ios11

Apple careでios診断をしてもらったり「冬の寒さ対策」「アプリの対策」「safariの対策」をしてもなお、バッテリーの減りが早いときは、バッテリー交換をおすすめします。

今なら、2018年限定でiPhoneのバッテリー交換料金が2,300円と、とてもお安くなっています!期間は、2018年1月~12月(終了日未定)となっています。

2018年限定料金!iPhoneのバッテリー交換の値段は?

Sponsored Link

-iPhone

Copyright© アイモバ!2018年もiPhoneは格安SIMが安い!おすすめキャリアを料金比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.